横浜マタタビバージョンのFUNI WORLD

おバカショート劇場。

FUNI WORLD


第、1064話 にわとりが三羽 (2019.11.21)
マネージャーのボヨヨ〜ン「はい、本日は第***回平成ツチノコ隊・I、チャンネル配信です」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「は〜〜〜い」
-お暇なら、第、1061話 またはそれ以前参照-
マネージャーのボヨヨ〜ン「平成ツチノコ隊・Iのクリスマスイベント、
『天然ツチノコ100%!ツチノコ神社のツチノコ様』が開催されますね」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「は〜〜〜い」
カノぽっぽ「オープニングアクトでは、カノぽっぽが、自腹ソロ曲を熱唱します。
『ドーナッツ』のカップリング、『にわとりが三羽』も披露します」
竹「いきなりですが、わたくし、『梅』でも『松』でもなく、竹之内竹太郎です。
ダウン・タ●ン・ブギウギ・バンドの、『涙のシークレ●ト・ラヴ』を歌います。
シークレット・ラヴ〜♪〜〜絆が切れた〜♪。゜゛」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「竹との絆も切っておこう」
竹「そ、それだけは…」
---------------------------------
にわとりが三羽
歌手:平沢華音
裏庭には三羽のにわとりがいて ここ掘るのだこけこっこと鳴いていた
大判とか小判を期待してたら ブラジルから届けられたカーニバル
地球の反対側の心に触れられたなら 世界は一つ フレンドリー
にわとりが三羽 踊ろうよ三羽 カノぽっぽと一緒に こけこっこ三羽
出土したはにわも行列行進 現れ出た卑弥呼だって羽根飾り
楽しいという気持ちが明日を作るのだから 笑顔は宝 スマイリー
にわとりが三羽 華やかに三羽 カノぽっぽも踊るよ こけこっこ三羽


第、1063話 サンバにほえろ!シーズン10 (2019.11.14)
Samba30 証人
被疑者「刑事さん、オレにはアリバイがあるんだ!
信じられないと思うが、犯行現場とは掛け離れた場所で、
オレ、サンバの格好をしたすっとこどっこいに出会しているんだ。
本当なんだよ。そいつを、そいつを捜し出してくれよ」
山さん「どうやら信じてあげられそうだ」
長さん「サンバ刑事を連れてきたぞ!サンバ刑事、
そこの落ち武者の格好をしたすっとこどっこいを知っているか?」
サンバ刑事「あっ、何時ぞやの、『おちむ〜』ではないか」
被疑者「おおぉ!神様、仏様、サンバ様ぁ〜」
---------------------------------
Samba31 聞き込み
長さん「メキシコで、マンモスの骨が大量発掘されたみたいだな」
山さん「そうか。それでサンバ刑事がこの有り様」
サンバ刑事「どうです!手作りのマンモスの牙を装着してみました。
結構大きいけれど、発泡スチロールで出来ているので見た目より軽いんです。
では聞き込みに行ってきます」
ボス「おい、牙を付けたままでか!?誰かサンバ刑事を押さえ付けろ!」
---------------------------------
Samba32 アイドル
きらきらきら恵「一日所長の、きらきらきら恵で〜す!」
ホタルイカ刑事「アイドルの一日所長、かわいいなぁ!」
きらきらきら恵「それではタンバリンのリズムに乗って、
交通安全!詐欺にも注意!ストーカーには指浣腸!」
サンバ刑事「あれ、タンバリン刑事が乱入した」
ホタルイカ刑事「一心不乱なタンバリン刑事に、きら恵ちゃんが応戦!」
サンバ刑事「両者一歩も引かず!意地と意地とのぶつかりあい!どちらも鬼のような形相だ!」
ボス「てか、アイドルに鬼の形相をさせるな!この、すっとこタンバ!」


第、1062話 飛行船が飛んでいた午後 (2019.11.07)
飛行船が飛んでいた午後、ぼくは授業で作文を読んだ。
「――人々は突然精神状態の変調を訴え、
発熱、頭痛、嘔吐、そして、鼻から激しく出血。
飛行船が飛んでいた午後、人々が対応出来ないスピードで、
町は次々と生命を失い、その歴史にピリオドを打った――」
そこまで読んだら、先生が凄まじい形相で、
「小学生に相応しい作文ではありませんし、小学生の作文に空想を求めてはいません」
と、ぼくの書いた作文を取り上げ、それを滅茶苦茶に破り捨て、
「教室の後ろで立っていなさい」と、頭ごなしに怒鳴り散らした。
飛行船が飛んでいた午後、教室の後ろに立たされたぼくは、
校庭が見える窓の向こう側、体操着を着用した生徒たちが、
頭を押さえ、嘔吐、そして、鼻から出血し倒れる姿を見た。
校庭が見える窓側に座る一人の生徒がそれに気付き、
全て閉じられていた窓の一つを大きく開けはなった。
廊下から聞こえてくる、他のクラスからの叫び声。
ぼくたちのクラスのうめき声。風になびく校庭の木々。


第、1061話 海が歌う夜 (2019.10.31)
マネージャーのボヨヨ〜ン「はい、本日は第***回平成ツチノコ隊・I、チャンネル配信です」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「は〜〜〜い」
-お暇なら、第、1056話 またはそれ以前参照-
中村千春「アンケート記事とか見ていて、好きなタイプに、
『どんな山でも歩いて越えられる女』がないのは何故?」
大谷幸恵「『世界の昆虫を把握する女』もないわよ!」
岩永麻理奈「『総合格闘技の女チャンピオン』はあってもよさそうだけど」
菅原真美子「『右腕にアタッチメントを装着出来る女』も聞かないわ」
二階堂幸恵「『古代エジプトから来た女』って、ない?」
渋谷忍「『象使いの女』なら、ひとりやふたり?」
カノぽっぽ「『利きインスタントラーメンを特技とする女』は隠れタイプでいるって!」
竹「『1970年代歌謡を歌う男』が好きな女性募集中!!!」
マネージャーのボヨヨ〜ン「『俺は好きだぞー』とか、コメントは多いけど」
カノぽっぽ「アイドルオタクの媚びコメントは信用出来ぬ」
マネージャーのボヨヨ〜ン「『1970年代歌謡を歌う男』愛してるよって」
竹「ハンドルネーム『野犬汁』って、カノぽっぽ推しの男性ですよ。もう!」
マネージャーのボヨヨ〜ン「コメント『ばれた』『逃げろ』『どろん』etc.」
メンバー&竹「UMA隊(平成ツチノコ隊ファンの呼称)は、もう!」
マネージャーのボヨヨ〜ン「ところで、ニューアルバム『海』が発売されます」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「は〜〜〜い」
---------------------------------
海が歌う夜
アルバム『海』リード曲
歌手:平成ツチノコ隊・I
海は太古の昔から 呼吸をしていたんだ
空は太陽を描き 白い雲を浮かべた
人類は我が物顔で 地球で動き回るのさ
まるで地球の侵略者 主役を気取っている
海が歌う夜 ぼくらは寝静まっている
ジュゴンと泳ぐ夢を見て…
月が丸い夜 ぼくらは寝静まっている
ジュゴンと語る夢を見て…
海は太古の昔から 未来を描いていた
木々は太陽を見上げ そよぐ風に靡いた
人類は淀んだ笑みで 地球を破壊しているよ
まるで地球の侵略者 大海知らぬ奴ら
海が騒ぐ夜 誰もが息を殺している
巨大な力 恐れてる
月が消える夜 誰もがずっと震えてる
見えない力 突き刺さる


第、1060話 ほつれ (2019.10.24)
作家「発明なんて科学者の驕りだとは思わないか?」
科学者「発明は人類の未来に必要不可欠だ!」
作家「発明の殆どは戦争から始まった」
科学者「生命のための発明だってある。医療は常に進化し続けている」
作家「平安時代中期の作品、『源氏物語』では、
恋い焦がれる人々の恋愛模様が綴られている。
平安時代初期の作品、『竹取物語』では、
血は繋がっていなくとも、育てた我が子への愛情が綴られている。
どちらも千年以上前の昔から現在へと、『心』が語り継がれている。
その『心』こそが人類に必要不可欠な『生命』ではないのか?」
科学者「きみは科学者を目指していたはずだ。
『妄想』より、『現実』を作り上げていくべきだよ」
作家「その『現実』こそが、科学者の『妄想』なんだ」
---------------------------------
一人の男が扉を開け部屋を出て行こうとしている。
部屋の中の鏡には、その男の後ろ姿が映っている。


第、1059話 蹂躙 (2019.10.17)
パーソナリティー「怠当区ミニFM、番組、『魚肉婦人が笑った』、
ゲストは、怠当区が生んだご当地アイドル『お役所仕事』の皆さんです!」
お役所天国「あの、『お役所仕事』ではなく『お役所天国』です」
パーソナリティー「シングル『住所不定者排除』をリリースした、
『お役所仕事』改め、『お役所天国』の皆さんです!」
お役所天国「あの、『住所不定者排除』なんて曲発売してません。
シングル『命が惜しけりゃ税金払え』が正しいです。絶賛発売中!」
パーソナリティー「メンバーの皆さんの父親は全員公務員だそうで」
お役所天国「『お役所仕事』発起者は怠当区議です」
パーソナリティー「ところで、『お役所天国』のイベント・ライブでは、
住所が記入出来ないなど、区民以外受け入れを拒否されているそうですが」
お役所天国「マニュアルに従って行動しています」
パーソナリティー「例えば、ホームレスが災害時、
避難所に自主避難した場合、利用を拒否するべきだと思いますか?」
お役所天国「臭い連中を受け入れる訳にはいかないだろ!」
パーソナリティー「それは始めから、ホームレスの生命を守る
という考え方がないため、避難所にホームレスを受け入れる
ための態勢を放棄しているからでしょ」
お役所天国「避難所は税金が払えない奴らを救う場所ではない」
パーソナリティー「因みに、僕も、番組スタッフも、
以前、ホームレスだったことは知っていましたか?」
お役所天国「くそっ!敵の陣地に踏み込んでいたとは…」
パーソナリティー「元ホームレスが集まりおっぱじめたミニFM、
番組『魚肉婦人が笑った』、本日のゲストは、怠当区が生んだ
ご当地アイドル『お役所仕事万歳』の皆さんでした!」
お役所天国「『お役所天国』って言ってるだろ!頭が高いわ」
パーソナリティー「来週のゲストアイドルは、『鎧武者カーニバル』の皆さんです!」


第、1058話 徳川埋蔵金を探せ (2019.10.10)
トレジャーハンターA「徳川埋蔵金が隠されていると噂されている、
日●東照宮の穴掘りのため、おまえにカンガルーの着ぐるみを着せ、
『おーい、カンガルーがいるぞー』と俺様が叫び、観光客がそれに
気を取られている隙に、俺様が手シャベルで穴を掘るという作戦だったが
見事に失敗した。それもこれもおまえがカンガルーに成切れなかったからだ」
トレジャーハンターB「カンガルーを甘く見てました」
トレジャーハンターA「いや、もうそれはいいんだ。俺様はあることに気付いた。
財政難に喘いでいた明治新政府が探し、江戸城を明け渡した幕府が隠したとされる、
麩菓子が大量に購入出来るほどの、豊臣財宝を含むとされる埋蔵金。
日光東●宮のようなド派手な場所に、盗賊らの目を気にせずに、
明治新政府の目を盗み、隠せるだろうか?答えは麩菓子に誓ってノーだ!
俺様は、実は明治新政府の手に渡っていたのではないかと考えているんだ」
トレジャーハンターB「カンガルーなだけに」
トレジャーハンターA「いや、カンガルーは頭の中から消せ!
何せ、麩菓子が大量に購入出来るほどの埋蔵金だ。それは手に余る額だ。
そこで明治新政府がその一部分を隠した。一部分と言えどまだまだ麩菓子が
大量に購入出来る金額だ。それがまだ眠っているとしたら……」
トレジャーハンターB「どこにですか?」
トレジャーハンターA「庶民と外国人との争いを避けるため、
江戸に近く既に栄えていた『神奈川湊』ではなく、
江戸から近いが、東海道五十三次からは外れていた、
当時は漁村に過ぎなかった一寒村を開港場とされ、
日米和親条約を締結した場所。明治初年に国費を以て
創建された神社。皇室の祖神で、日本国民の総氏神ともされる、
天照大御神を祭神とする神社。そこに隠されていたとしたら?」
トレジャーハンターB「横浜にある伊●山皇大神宮」
トレジャーハンターA「そう、伊勢山皇●神宮だ!
そんな訳で。おまえにウォンバットの着ぐるみを着せ、
『おーい、ウォンバットがいるぞー』と俺様が叫び、観光客がそれに
気を取られている隙に、俺様が手シャベルで穴を掘るという作戦だ」
トレジャーハンターB「ウォンバットなだけに」
トレジャーハンターA「まあ、穴居性の動物だが…」


第、1057話 わんわん頭巾、現代に現る (2019.10.03)
人間A「本日の『ネット映画評』で取り上げるのは、『わんわん頭巾、現代に現る』です」
人間B「有り勝ちなタイムスリップもので、それでも面白ければ良いが、出来は最悪」
人間C「にもかかわらず、著名人のSNSで評判が良いのは、今更ではあるが、
著名人の書き込み・発言=広告、詰まりは、ステルスマーケティングの温床。
ましてや、『わんわん頭巾、現代に現る』は、製作 - ワシテレビジョン。
主演を務める新人は創虚学会員。サントラのレーベルはエイペッタス。
主題歌を歌った主演の、エイペッタスの新人は、暮れのレコード大会最優秀
新人賞に既に決まっていることだろう。映画館を埋め尽くした客も創虚学会員」
人間A「だが敢えてこの映画を取り上げたのは、『わんわん頭巾、現代に現る』の
原作者が、以前、創虚学会員のシンガーに盗作され、明らかに被害者なのに、
最終的には裁判で加害者にされた経歴があるからで、その経緯が気になったから」
人間B「原作は面白いんだよ。映画で何故あれほど空回りしてしまったのか」
人間C「それでも映画賞総なめしている。これが我が国の現実なのさ」


第、1056話 竹之内竹太郎、1970年代を歌う (2019.09.27)
マネージャーのボヨヨ〜ン「はい、本日は第***回平成ツチノコ隊・I、チャンネル配信です」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「は〜〜〜い」
-お暇なら、第、1053話 またはそれ以前参照-
原則、マスメディア拒否のプログレッシブ・アイドルグループ、平成ツチノコ隊・I、メンバー。
中村千春 ー 幼き頃から山を幾つも越え分校に通い続けた強い足腰が自慢。
大谷幸恵 ー 世界に生息する昆虫をほぼ全て把握している。
岩永麻理奈 ー 6歳の頃、総合格闘家の父の関節を決めギブアップを奪った事がある。
菅原真美子 ー 悪の組織に改造されかけ脱走。右腕に数々のアタッチメントを装着できる。
二階堂幸恵 ー 学んだ記憶がないヒエログリフを流暢に読み書きできる。
渋谷忍 ー 象使いの両親の間に生まれ、子象と戯れながら育った。
ラーメン丸カーノ (平沢華音) カノぽっぽー 利きインスタントラーメンを特技とする。
---------------------------------
竹「いきなりですが、わたくし、『梅』でも『松』でもなく、竹之内竹太郎です。
本日は次回の『劇団竹:ティーンズプロジェクト』出演をかけた公開オーディションです。
ちょっぴり昔、『寺内貫次郎一家』というドラマがありました。
悠木万帆(樹木希森)さんが沢畑研二さんのポスターに向かって『ジュルー』と宣います。
皆さんにはそれを再現していただきます」
中村千春「山を越えてまで逢う価値は無しかな」
大谷幸恵「ニジイロクワガタには似てないぞ」
岩永麻理奈「おぬし、構えが隙だらけだ」
菅原真美子「ぼくのアタッチメントのほうがかっこいい」
二階堂幸恵「ファラオとして相応しいとは思えん」
渋谷忍「キャベツを丸ごと食べるかな」
カノぽっぽ「3分茹でたら出来上がり!!!」
竹「全員失格じゃ」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「やるだけやらせてその仕打ち!!!」
竹「そんな訳で、わたくしのソロライブが完売いたしました」
マネージャーのボヨヨ〜ン「おめでとう」
竹「結構売れ残っていたのですが、カノぽっぽさんがゲストで、
自腹曲『ドーナッツ』を歌うって発表したら、速効で売り切れました」
カノぽっぽ「ギャラはインスタントラーメンです」
マネージャーのボヨヨ〜ン「安上がりな小娘だな」
---------------------------------
《竹之内竹太郎、1970年代を歌う》
SOLD OUT
スペシャルゲスト:平沢華音
▼開催日時:10月**日
▼会場:平成ツチノコ隊オリジナルイベントホール
▼開場:15:30/開演 16:30
▼注意事項:会場での日曜大工及び棒高跳びは禁止です。
発見された場合、係員の指示に従っていただけない場合は、
やむを得ず退場していただくことになります。
▼当イベントの収益金は国際連*児童基金へ全額寄付されます。
また、募金箱も設置いたしますのでご協力お願いいたします。


第、1055話 還暦過ぎシスターズ (2019.09.19)
総合司会「本日のアイドルちゃんQ&Aは、先日初のワンマンライブを行った、
人気沸騰中、『還暦過ぎシスターズ』からの問題です。
そして本日の回答者は、米寿祝いのお爺ちゃん3人です。
では問題です。先日初のワンマンライブで、還暦過ぎシスターズが
会場いっぱいのお客さんに向かって投げたサイン入りのグッズは何でしょう」
お爺ちゃん3人「ヒント教えてけれ」
総合司会「還暦過ぎですから、『赤』ですよ!」
お爺ちゃんA「赤レンガ」
総合司会「危ないですよ」
お爺ちゃんB「マグロの赤身」
総合司会「食品ではないですよ」
お爺ちゃんC「赤井●和」
総合司会「赤●英和にサインを書いて…って、ていっ!!!正解は、赤い頭巾です」
お爺ちゃんC「半分正解だったぞ」
総合司会「全て間違ってます!気を取り直して、それでは次の問題です。
還暦過ぎシスターズが先日初のワンマンライブで、
アンコールで歌った曲のタイトルは何でしょう」
お爺ちゃんA「瞳の中の赤レンガ」
お爺ちゃんB「マグロのシンデレラ」
お爺ちゃんC「赤井英●のいじわる」
総合司会「ててててていっ!!!正解は、『運転免許返納タンゴ』です」
お爺ちゃんA「オレはまだ現役ドライバーだけどな。
こないだ川に落ちたけど」
お爺ちゃんB「オレもまだ現役ドライバーだけどな。
一度も運転免許を取得したことがないけどな」
お爺ちゃんC「オレだってまだ現役ドライバーだ。
先日ひき逃げしたけどよ」
総合司会「こここここいつら…。き、気を取り直して、それでは次の問題です。
還暦過ぎシスターズが先日初のワンマンライブで、
最年長、沼村河童子姐さんが、ライブの最後に言った言葉は何でしょう」
お爺ちゃんA「息子にバットで殴られます」
お爺ちゃんB「孫にバットで殴られます」
お爺ちゃんC「●井英和に殴られてみたい」
総合司会「…………正解は、還暦過ぎシスターズ、
先日初のワンマンライブから、正解VTRどうぞ!!!」
---------------------------------
沼村河童子「1990年前後を、『バブル景気』とか、『バブル崩壊』とか、
そんな言葉がありますが、戦後、高度経済成長期の経済発展を優先し、
庶民の生活と命を踏みにじった公害問題。ベトナム戦争反対を訴えながらも、
国に力でねじ伏せられた学生運動。理由が掴めぬ不便な土地への開港を
急ぐ政府の強硬姿勢に、それまで平和に暮らしてきた近隣住民と機動隊が衝突。
政府は民主主義体制への挑戦と非難し、最終的には力でねじ伏せた、成田闘争事件。
現在に至るまで続く、沖縄米軍基地問題。日本は戦後から現在に至るまで、
ずっとこの国はバブルだったのではないでしょうか。日本の経済も思想も、
全ては泡なのではないでしょうか。その泡がはじけたら、日本という国は、
この世の中から消えて無くなってしまうのではないのでしょうか」


第、1054話 サンバにほえろ!シーズン9 (2019.09.13)
Samba27 タイマー爺さん
爺さん「この世にタイマーなんて便利な物があるなんて知らなかったですよ。
設定した時間を、ピピピピピッって教えてくれる達者な奴なんですね」
サンバ刑事「それでタイマーを使って時限爆弾を拵えてしまったって訳か。
時限爆弾を拵えるだけの脳力があるのに、今までタイマーを知らずに生きてきた訳か?」
---------------------------------
Samba28 タイマー婆さん
婆さん「扇風機にタイマーなんて便利な物が付いているなんて知らなかったですよ。
設定した時間に、扇風機の電源をオンオフしてくれる達者な奴なんですね」
サンバ刑事「それでタイマーを使って宝石店のセキュリティーをストップさせ、
深夜に強盗に押し入ったって訳か。それだけの知識があって、タイマーを最近知ったのか?」
---------------------------------
Samba29 タイマーサンバ
サンバ刑事「そんな訳で、この胸に付けた発光体を見て下さい」
ホタルイカ刑事「カラータイマーね!かっこいい!!!」
山さん「おまえ、そんな物拵えていたのか!すっとこどっこい」
長さん「サンバの衣装だけでも騒がしいのに、そんなもん点滅させるなよ。
で、赤色の点滅で、活動制限時間が終了する前にサンバの国に帰ってくれるのか」
サンバ刑事「リセットで赤から青色に元通り!!!」
ボス「タンバリン刑事を活動不能にさせるカラータイマーは作れないのか」
タンバリン刑事「タンバリンセブンにカラータイマーは存在しない」
サンバ刑事「みんな、タイマーなんて便利な物があるなんて知らなかったでしょ」
ボス「このすっとこどっこい、完全に被疑者の爆弾爺さんと強盗婆さんに担がれている」


第、1053話 ボヨヨ〜ンかわうそ事件 (2019.09.05)
マネージャーのボヨヨ〜ン「はい、本日は第***回平成ツチノコ隊・I、チャンネル配信です」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「は〜〜〜い」
-お暇なら、第、1050話 またはそれ以前参照-
原則、マスメディア拒否のプログレッシブ・アイドルグループ、平成ツチノコ隊・I、メンバー。
中村千春 ー 幼き頃から山を幾つも越え分校に通い続けた強い足腰が自慢。
大谷幸恵 ー 世界に生息する昆虫をほぼ全て把握している。
岩永麻理奈 ー 6歳の頃、総合格闘家の父の関節を決めギブアップを奪った事がある。
菅原真美子 ー 悪の組織に改造されかけ脱走。右腕に数々のアタッチメントを装着できる。
二階堂幸恵 ー 学んだ記憶がないヒエログリフを流暢に読み書きできる。
渋谷忍 ー 象使いの両親の間に生まれ、子象と戯れながら育った。
ラーメン丸カーノ (平沢華音) カノぽっぽー 利きインスタントラーメンを特技とする。
---------------------------------
カノぽっぽ判事「これより、ボヨヨ〜ンかわうそ事件の審理を始める」
中村検察官「先日のイベントにて、ボヨヨ〜ンがかわうその着ぐるみ姿で登場し、
会場をドン引きの渦に巻き込んだ救いようのない事件です」
大谷弁護士「はっきり言って弁護の余地無しです」
岩永証人「同じステージ上で巻き沿えを食いました」
菅原裁判員「許せないですね」
二階堂裁判員「かわうそに対しても失礼ですよ」
渋谷忍裁判員「小腹が空いたね」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「判決!事務所の隣の甘味処から、
かわうそパフェを7人前テイクアウト、カモーン!」
マネージャーのボヨヨ〜ン「おまえら、かわうそパフェが食べたいだけだろう」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「は〜〜〜い」
竹「いきなりですが、わたくし、『梅』でも『松』でもなく、竹之内竹太郎です。
ザ・タ●ガースの、『ラヴ・●ヴ・ラヴ』を歌います。
時はあまりにも〜♪〜〜愛ある限り〜♪。゜゛」
---------------------------------
ハピネス
歌手:平成ツチノコ隊・I
ハピネス きみが笑う日は心がときめくんだ
青空がとても輝いて 幸せを感じるのさ
だけどさ きみが泣いてると心が軋んでいく
傘の中 身を縮めている 急ぎ足 振り向かない
だから 好きな人の喜びでみんな元気になれるなら
理由のない憎しみは我が身に降り注ぐんだ
誰かが誰かに優しくなれたら 誰もがきっと幸せになれる
ハピネス 雨が降る日には ハピネス 雨音で歌おう
何時の日か世界が輝くように ハピネス
ハピネス きみが笑顔なら心が飛び跳ねるよ
太陽がとても暖かく 喜びに満ち溢れる
だけどさ きみが辛い時 心が引き裂かれる
雷雲に町が飲み込まれ 暗闇に閉ざされるよ
そうさ 好きな人の喜びでみんな元気になれるから
不誠実な憎しみは心を黒く汚すよ
誰かが誰かに微笑みかけたら 誰もがきっと笑顔になれる
ハピネス 雨が上がる日は ハピネス 若葉が歌うよ
青空に微笑みかけられる日を ハピネス
何時の日か世界が輝くように ハピネス
---------------------------------
-ハピネス お暇なら、第、917話を参照-


第、1052話 大女優麗華 (2019.08.30)
監督「岩熊鬼衛門さん、こちらが大女優麗華さまです」
大女優麗華「このおやじが誘拐魔の役ですか。気に入りません。
ツインテールのウィッグを、このおやじの頭に被せて下さい」
岩熊鬼衛門「この子が、8歳児の人気子役、大女優麗華なのか。
おい、おじさんは強面が売りの悪役なんだぞ!!!」
大女優麗華「ツインテールより、三つ編みが良いかも知れない」
監督「岩熊鬼衛門さんに三つ編みのウィッグ被せました」
岩熊鬼衛門「ひどい!8歳児の指示によりこの仕打ち…」
大女優麗華「そうだ!誘拐魔だから口元にマスクしたほうが良いよね。
パンダの超立体マスクをご用意下さい」
監督「このようになりましたが…」
岩熊鬼衛門「いっそのこと、クレジットに俺の名前出さないで…」
監督「大女優麗華さま、誘拐されるシーンのテストは如何でしょう」
大女優麗華「気に入りません。おい、そこの三つ編パンダおやじ、
強面でなければ誘拐魔にはなれないのか。表現はしても演技はするな」
岩熊鬼衛門「……は、は、は、は、はい!大女優麗華さま」
監督「大女優麗華さま、今回のテストは如何でしょう」
大女優麗華「まあまあでしょうか。あ、そこの三つ編パンダおやじ、
本番では最初のメイクに戻して良いよ」
---------------------------------
数年後、岩熊鬼衛門は、悪役から、優しいお父さん役。
はたまた、刑事役から、動物病院のお医者さん役など、
幅広い役をこなせる人気俳優に成長していた。


第、1051話 使い捨て生命体 (2019.08.22)
【グレイ 】灰色の肌をした小柄な生命体で、
宇宙人説や、未来人説や、両生類説などがある。
---------------------------------
アイドル「あたい、怖くてステージに立てない」
マネージャー「大丈夫よ!さあ、ステージに立つのよ」
アイドル「昨日怖い夢を見たの。あたいが客席に向かって、
『みんな、見えてるよ!耳だけ』って叫んでいるの」
マネージャー「何で耳だけなの?」
アイドル「耳に写経し忘れたんじゃない?」
マネージャー「耳なし芳一か!さあ、ステージに立つのよ」
アイドル「他にも怖い夢を見たの。あたいが客席に向かって、
『みんな、見えてるよ!肛門』って叫んでいるの。
『二階席も見えてるよ!肛門』って叫んでいるの。
『肛門なし芳一』って怪談、聞いたことある???」
マネージャー「とっととステージに立ちなさい」
アイドル「他にも怖い夢を見たの。お客さんが全員グレイなの」
マネージャー「グレイは貴女でしょ!さあ、ステージに立つのよ」
アイドル「みんな、来てくれてありがとう。
グレイのグレ美で〜す!見えてるよ!肛門」
マネージャー「正夢だったか…」
---------------------------------
【グレイ 】遺伝子の組み換えにより、
宇宙人に作られた生命体とする説もある。
地球製軍事用グレイや、日本製軍事用グレイも、
もしかしたら、研究されているのかも知れない。
そして、無数に生まれ落ちてくるグレイの中には、
『グレイのグレ美』のような異端児も、
時には生まれ落ちてくるかも知れない。
その多くは廃棄処分される運命かも知れない。
もしかしたら、日本という国に於いては、
『庶民=国家の使い捨て生命体』かも知れない。


第、1050話 流転 (2019.08.15)
マネージャーのボヨヨ〜ン「はい、本日は第***回平成ツチノコ隊・I、チャンネル配信です」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「は〜〜〜い」
-お暇なら、第、1049話 またはそれ以前参照-
マネージャーのボヨヨ〜ン「平成ツチノコ隊・I、新曲『流転』が発売されますね」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「は〜〜〜い」
竹「いきなりですが、わたくし、『梅』でも『松』でもなく、竹之内竹太郎です。
キャ●ディーズの、『ハート●エースが出てこない』を歌います」
カノぽっぽ「ハートのエースが出でででで〜♪。゜゛」
竹「カノぽっぽさん、『出でででで』ではありません。やめてください」
カノぽっぽ「やめられない このままじゃ〜♪。゜゛」
---------------------------------
流転
歌手:平成ツチノコ隊・I
遠い過去の話 此処には村があった
海と木々に囲まれた小さな村があった
遠いあの記憶が懐かしく香りゆく
君の目を見て交わした 永遠(とわ)を誓ったあの日
この時代はあの頃のように ゆっくりではないけれど
再び出逢えた運命に誓って愛を育もう
遠い過去の話 此処でふたり歩んでた
今、君と僕 ふたり この時代を歩いてる
この時代の人達はみんな ゆったりではないけれど
優しい瞳の輝きに今でも巡り会えるさ
遠い過去の話 此処でふたり微笑ってた
今、君と僕 ふたり この時代で微笑い合う
今、君と僕 ふたり この時代に生きていく


第、1049話 ドーナッツ (2019.08.08)
マネージャーのボヨヨ〜ン「はい、本日は第***回平成ツチノコ隊・I、チャンネル配信です」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「は〜〜〜い」
-お暇なら、第、1047話 またはそれ以前参照-
原則、マスメディア拒否のプログレッシブ・アイドルグループ、平成ツチノコ隊・I、メンバー。
中村千春 ー 幼き頃から山を幾つも越え分校に通い続けた強い足腰が自慢。
大谷幸恵 ー 世界に生息する昆虫をほぼ全て把握している。
岩永麻理奈 ー 6歳の頃、総合格闘家の父の関節を決めギブアップを奪った事がある。
菅原真美子 ー 悪の組織に改造されかけ脱走。右腕に数々のアタッチメントを装着できる。
二階堂幸恵 ー 学んだ記憶がないヒエログリフを流暢に読み書きできる。
渋谷忍 ー 象使いの両親の間に生まれ、子象と戯れながら育った。
ラーメン丸カーノ (平沢華音) カノぽっぽー 利きインスタントラーメンを特技とする。
---------------------------------
中村「ドはドーナッツのド」
大谷「レはドーナッツのレ」
岩永「ミはドーナッツのミ」
菅原「ファはドーナッツのファ」
二階堂「ソはドーナッツ」
渋谷「ラもドーナッツ」
カノぽっぽ「シもドーナッツ」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「さぁドーナッツ」
マネージャーのボヨヨ〜ン「悪かったな!!!
おまえらのドーナツ、勝手に一つ喰っちまってな」
カノぽっぽ「カノぽっぽがインスタントラーメンにも目もくれず、
せっせと下剤を入れて作ったドーナッツを……」
マネージャーのボヨヨ〜ン「なんだってぇ〜、お腹が痛くなってきたぞ;;トイレぇ〜」
カノぽっぽ「単純だな、下剤入れてないのに。あ、戻ってきた」
マネージャーのボヨヨ〜ン「はぁ、すっきりした。いや、またお腹が;;」
カノぽっぽ「下剤入れたってのは嘘だよ」
マネージャーのボヨヨ〜ン「あれ、お腹痛いの治った」
平成ツチノコ隊・I、メンバー「単純だな」
竹「いきなりですが、わたくし、『梅』でも『松』でもなく、竹之内竹太郎です。
小●明子の、『も●一度』を歌います。
あなたの〜♪〜〜もう一度〜♪。゜゛」
カノぽっぽ「それでは、竹が星になっている間に聴いていただきます。
カノぽっぽの自腹ソロ曲第二弾『ドーナッツ』どうぞ!!!」
---------------------------------
ドーナッツ
歌手:平沢華音
ドーナッツ ドーナッツ
木の葉の替わりに隠れてみよう ドーナッツ
ドーナッツ ドーナッツ
足に縛り付け水面(みなも)歩こう ドーナッツ
手裏剣のように打ってみたいけど
それならおいしくたべて御満悦
ドーナッツ ドーナッツ
シナモンシュガーをたっぷりまぶして ドーナッツ
ドーナッツ ドーナッツ
大凧のように飛ばして乗ろう ドーナッツ
ドーナッツ ドーナッツ
大蝦蟇(おおがま)のように乗って暴れて ドーナッツ
分身のように増えて欲しいのに
最後の一つが恨めしい限り
ドーナッツ ドーナッツ
ふわふわもぐもぐ お腹一杯 ドーナッツ
〆はやっぱりインスタントラーメン!



次へ

HOME.jpg

☆ 無断転載使用禁止 ☆ (C)copyright "横浜マタタビバージョン" all right reserved