Specially

第、917話 ハピネス (2017.01.28)

アイドルグループ、平成ツチノコ隊、

ワールドツアー『ハピネス』の千秋楽。

最後に、平沢華音がマイクを握った。

---------------------------------

○○中学二年、佐○貫幸子の父親はリストラに遭い、

母親は体が弱くパート探しもままならなかった。

父親は生活保護を申請しに度々役所に出掛けるも、

『私たちが正義だ』とプリントされたジャンパーを

身に纏った職員達に『もう少し就職活動頑張ってみたら』

と決まり文句を言われ何度も何度も追い返されていた。

佐○貫幸子の家族の心中と思われる遺体を発見したのは、

家賃を催促しにきたアパートの大家だった。

大家は匂いに絶えきれず即座に部屋の窓を全開にした。

風で机の上に置いてあった一枚の紙が大家の足下に落ちる。

大家はそれを丸めて窓から投げ捨てると110番に通報した。

---------------------------------

男はムシャクシャしていた。

上司に仕事のミスを押し付けられたからだ。

そんなことは今まで一度や二度ではなかった。

昼食に出た帰り、足下に丸められた紙が転がってきた。

男は数回それを軽く蹴飛ばして歩いていたが、

ふとそれを拾い上げ、丸まった紙を広げてみた。

佐○貫幸子が通っていた、ページ事に○○中学の

名前が入った創立50周年記念品ノート。

それを切り取った一枚に何かが書かれていた。

幼い子を抱いた母親が男と擦れ違った。

母親に抱かれた幼い子が、手に握り締めて

いたはずの小さな犬のぬいぐるみを落とした。

男は普段なら見て見ぬ振りをしていただろう。

男はそれを拾い上げ、「おい、子供が落としたぞ」

と、小さな犬のぬいぐるみを幼い子に手渡すと、

幼い子はにっこり笑い、母親に「ありがとうございます」

と、男にとって思いも寄らなかったほど感謝をされた。

会社に戻った男は自分のデスクに拾った紙を置いていたが、

そのしわくちゃの紙はゴミと思われたのか、男が席を外していた時、

隣の席の人物が、自分のデスクの上を片付けていた序でに

それは丸められ、くずかごに捨てられ、そのくずかごの中身は

その後直ぐに、清掃員に回収され運ばれていった。

---------------------------------

とある会社の清掃業務を行っていた女は、

回収してきたゴミが入った大きなゴミ袋から

丸められた紙が転がり落ちたのでそれを拾い上げ、

何気にその丸まった紙を広げてみた。

佐○貫幸子が通っていた、ページ事に○○中学の

名前が入った創立50周年記念品ノート。

それを切り取った一枚に何かが書かれていた。

休憩時、女は別れた夫に電話を入れた。

夫が悪かった訳ではない。女が夫を捨てたのだ。

夫が店を廃業した時、女にチャンスは訪れた。

離婚調停では女の言い分が認められ女は親権者と認められた。

女は夫の面接交渉を拒み続けていたが、夫はこれ以上の争いを拒み、

家庭裁判所に面接交渉の申立を決してすることはなかった。

「もしもし、あなた、子供があなたにとても会いたがっているわ」

夫は電話の向こうから『ありがとう』と何度も繰り返し口にした。

その後、女の作業着のポケットから不意に落ちた一枚の紙は、

やがて丸められくずかごに捨てられ、回収され運ばれていった。

---------------------------------

平沢華音がレジ袋を両手に提げて歩いていたら、

足下に丸められた紙がどこからか転がってきた。

平沢華音は、片手にもう一方の手に持っていたレジ袋も一緒に持ち、

空いた手で、足下に転がってきた丸められた紙を拾い上げた。

---------------------------------

平成ツチノコ隊の新曲、『ハピネス』は、

各国の言語に訳されワールドツアーで歌われた。

平成ツチノコ隊、ワールドツアー『ハピネス』の千秋楽。

最後に、平沢華音がマイクを握った。

「『ハピネス』は、中学二年の女の子が残した

『遺書』が元になって生まれた歌です。

この歌の収益は世界の恵まれない子供達のために使われます。

彼女が生きてきた証として、平成ツチノコ隊は、

今後の全てのライブでこの歌を歌い続けるつもりです」

---------------------------------

平沢華音は、片手にもう一方の手に持っていたレジ袋も一緒に持ち、

空いた手で、足下に転がってきた丸められた紙を拾い上げた。

そして、その紙に書かれてあった言葉に目を通してみた。

---------------------------------

ハピネス

笑顔と優しさ

少しだけでも必要だった

お父さんもお母さんも毎日泣いてばかりいた

叶うならもっと生きたかった

政治家が偉い訳ではない

役人が偉い訳ではない

誰もが偉い訳ではない

誰かが誰かに優しくなれたら

誰もがきっと幸せになれる

佐○貫幸子

☆ 無断転載使用禁止 ☆ (C)copyright"横浜マタタビバージョン"all right reserved

第、909話 沈黙を読む

ひとつもどる


横浜マタタビバージョン劇場。